外車車種選びに役立てよう

このサイトでは、外国製の車種について、基本的なことを中心にまとめています。

外車車種選びに役立てよう

外国車種の購入事典

日本でも、多くの車が走行しています。
今では、日本車と言えば、世界でもブランド化し、非常に人気の高い車となっています。
新車ばかりでなく、中古車でも、日本製のものが、日々世界中で取引されています。
しかし、車には、色々な車種があり、ドライバー個々の好みに応じ、所有できるようです。
そんな中でも、外車は、いまだに人気が高いのかもしれません。
もちろん、先で言及しているように、日本車も、世界中でかなりの数が出回っています。
高い技術を誇り、それでいて小回りが効くのが、人気原因の一つのようです。
しかし、日本においては、歴史的な経緯などから、外車に対する意識が、特殊であるのかもしれません。
戦前ではイギリス、戦後ではアメリカ製の車が、人気を呼び、特に富裕層において、購入されていたようです。
これは、高度成長期にも続き、一般の人が外車を所有するということは、それだけで、高い社会的ステータスを象徴しているようでした。
しかし、1990年代頃から、海外自動車メーカーも、価格を落としたブランド車を発売するようになり、必ずしも富裕層だけの車とはならなくなってようです。
今では、ローンを使っても、一般の人が、簡単に入手できるようになっています。
しかも、インターネットを使っても、購入できるようになり、それだけ、身近な感じが出ていることは確かなようです。
しかし、外車という呼び名は、日本でしか使われていないようです。
あるいは、外車にも、輸入方法などで区別を付けているようで、これもまた、独特のもののようです。
中には、日本市場で販売できず、そのまま本国に戻されたものもあるようです。
意外に知られていない事実とも言えるかもしれません。
ならば、一体、外車とは、どういうものなのでしょうか?
日本の車市場は、欧米に次ぐ世界第三位のようです。
しかも、関税がない分、その点では、恵まれた市場であるようです。
キャパシティーの巨大な市場であるとともに、関税がないことが、海外の自動車メーカーにも、魅力的であるようです。
これもまた、多くの外車が市場で売買される理由の一つとなっているようです。
単に日本人が、欧米に対する劣等感があり、外車を積極的に輸入しているということではないようです。
ある意味、システム的な原因もあるのかもしれません。
このサイトでは、そういう外車を取り上げ、各記事の中で、重要点などをまとめています。
もちろん、外車の車種などを念頭にした内容ともなっています。
お役に立つようであれば、なによりです。